#昔々のそのまた昔【5月27日~6月1日】まとめ

これは企画開催期間中に行われたTwitterのハッシュタグ企画「#昔々のそのまた昔 -僕の創る最●のフォークロア-」のまとめです。

5月27日「民間療法・健康法」

日付が変わりました。本日のお題が変わります。今日のお題は「民間療法・健康法」です。


『火傷した箇所にはアロエを貼ると良い」と母は私に教えてくれた。玄関にある植物の鉢で一際立派なアロエの木から、キッチンナイフでパチンと葉を切り取る。剥き出しになった果肉を火傷した箇所に当てる。なんとなく有効成分が染み込んでくる気がした。医学的にはどうなんだろう。 #昔々のそのまた昔


漢方薬っていうと中国医学って思うかもしれないけど、あれは元々は中国の民間療法レベルのものだったんだけど、江戸時代頃の日本人が有効成分やら効能やら分類やら体系化したんだ。だからほぼ日本の医学。で、その漢方薬が今現代の中国に逆輸入されて流行っているんだよね。 #昔々のそのまた昔


上の乳歯は床下へ、下の乳歯は屋根の上へ。そうすると次の歯がしっかり生えるのだと教えてくれた祖母に導かれるまま、片手に乳歯を持って出た中庭。何か呪文を唱えた気がするけど思い出せず、ただ、屋根へと放物線を描いた自分の歯が、きらきら光って綺麗だったのを覚えている。#昔々のそのまた昔


「毒にも薬にもならない」って言葉があるけれど、人が口にするものって毒か薬でしかないんだって。だって「全ての人間が絶対にアレルギーを起こさない食品は存在しない」ってもいうだろ?案外、皆、やってんじゃない?眠気覚ましのコーヒーだとか、シュークリームと栄養剤だとか。 #昔々のそのまた昔


滝を管理する社務所の巫女さんが、冷たいので滝に打たれたことはありませんと言っていた。

#昔々のそのまた昔


母が体が弱いので、まむし酒を飲んでいた。おじさんが作りに来る。裏の井戸で蛇を裂いていた。脇で見ていた。蛇の腹から黄色い肝が、つるんと出てきた。「これは、苦いんだよ」おじさんは、それを口に入れて、ぺろりと食べてしまった。 #昔々のそのまた昔


5月28日「世界各地の冠婚葬祭」

日付が変わりました。本日のお題が変わります。今日のお題は「世界各地の冠婚葬祭」です。


スリランカの冠婚葬祭に音楽は欠かせない。殊に結婚式等は七日七晩、参会者一同愉快に踊り明かす。最新ヒットから御馴染みの歌謡曲まで、さぞ腕利きのDJがいるのかと思えば、果たして積み上げられたコンテナの上に古びたAIWAのラジカセがあるばかり、横では少年が居眠りしている。

#昔々のそのまた昔

少年、時折目を覚まし御裾分けに手を伸ばす。暫らく飲んだり食ったりした挙句、ゆったりと煙草を吹かす。やがてまたうとうとと居眠りをしている。ラジカセに触った様子は一度も見ない。相変わらず音楽は自在に流れ盛宴は続く。そうして七日七晩が過ぎた。

#昔々のそのまた昔

さて御開きとばかり立ち上がった少年に私は声を掛けた。「君、そいつを譲ってくれないか」少年は暫く小首を傾げていたがラジカセからテープを抜いて私に差し出した。テープは出国する際に没収されたから結局聴かず仕舞いだった。税関の役人が妙に青い顔をしていた事を覚えている。

#昔々のそのまた昔


市場の外に転がっていた男の死骸を引き摺り歩く。両手で掴んだ彼の右足は骨と皮ばかりなのに重たい。身ぐるみなどとうの昔に剥がれているだろうに。引きずるだけ引きずって、廃れた荒野に置き去りにした。命の最後は全て等しく、肉食の鳥の腹に収まる。其れが私の生まれたところ。 #昔々のそのまた昔


「死んだらチロに食わせてくれ」と今際の際で祖父は言った。私にしか聞こえない声で。だから、どうしてもそうしなければと思って。灰になった祖父の、喉の辺りの骨を盗んだ。まだ熱いそれを握り締めて隠し火傷をした。その晩に、祖父を砕いて犬餌に混ぜ、チロに食べさせてあげた。 #昔々のそのまた昔


祖母の菩提寺と私は相性が悪いようで、だから葬式を寺ではなく、祖母の家で行うと聞いた時はほっとした──けど。馴染んだ空間に広がる鯨幕と祭壇。百合と線香の匂い。馴染んだ祖母の家の空気を変えてしまう非日常に、念仏の一節ごとに祖母が薄れていく気がした。 #昔々のそのまた昔


5月29日「世界各地の郷土料理・伝統料理」

日付が変わりました。本日のお題が変わります。今日のお題は「世界各地の郷土料理・伝統料理」です。


#昔々のそのまた昔
栃木県の郷土料理に「しもつかれ」と云うものがある。鮭の頭、大豆、おろした大根などを酒粕で炊く。初午の日に作られ、先人が食料節約の為に考えたものがはじまりなんだとか。なお見かけは、もんじゃ焼きよりもアウトである。


「郷土料理はすっかり廃れて了った、ハンバーガーの所為でね」「心外だ。君たちの文明だって同じ事をしたじゃないか」「一体何の事を言っている。それこそ言い掛かりだ」「麺以前にだって郷土料理はあった筈だ」奴はライスバーガーを頬張る。俺の指はテリヤキソースに濡れている。

#昔々のそのまた昔


何処から話せばいいだろうか。郷土料理の話をする前に、青森県の成立から述べねばなるまい。廃藩置県の際に面倒がった政府によって一緒くたにされた津軽藩と南部藩が、現在の青森県だ。故に、津軽と南部で郷土料理は異なる。そして仲が悪い。言葉には気をつけろ、村八分になるぞ。

#昔々のそのまた昔

南部人「津軽の人間は汁ばかり食う。じゃっぱ汁だの、けの汁だの」
津軽人「南部人は南部せんべいばかり食っている。汁にもせんべいを入れる」
下北人「津軽人は何故かべごもちをうんぺいと呼ぶ」
青森市民「喧嘩すなー。漁獲量全国2位のイカとホタテだよ〜」
青森県民「わーい」

#昔々のそのまた昔

津軽人「合言葉を言え。『鍋』」
観光客「せんべい汁」
津軽人「南部へ連れていき饗せ」

南部人「合言葉を言え。『にんにく』」
観光客「りんご」
南部人「津軽へ送り饗せ」

黒石民「焼きそばに和風出汁かけた!美味しい!」
青森市民「味噌カレー牛乳ラーメン!美味しい!!」

#昔々のそのまた昔


5月30日「イギリス料理が世界で一番不味いと言われている理由」

日付が変わりました。本日のお題が変わります。今日のお題は「イギリス料理が世界で一番不味いと言われている理由」です。


調味料にまで気が回らない為である。西暦1000年頃から今まで一切改善されていないので、食文化研究者によって密かに問題視されている。 #昔々のそのまた昔


「イギリス料理」がまずいというときの、「イギリス」とは、「イングランド」のことである。「スコットランド」や「ウェールズ」の敵愾心が背後にある。

#昔々のそのまた昔


「イギリス料理」がまずいという定説には、ヨーロッパ大陸のオランダ、ポルトガル、スペイン、フランス、ドイツ等々の、かつての大帝国への反発の感情が背景にある。

#昔々のそのまた昔


イギリス文学よりも、フランス文学の方が上だというオタクの意見が、イギリス料理はまずいという意見を、日本に定着させた一因である。

#昔々のそのまた昔


#昔々のそのまた昔、ブリテン島に大食の王がいた。一日五食に間食が二度、ところが味などさっぱりお構いなし。これでは甲斐が無いとばかり御抱え料理人は次第に手を抜き始めた。それでも王は大食を止めぬから今度は国庫がみるみる傾きだした。とうとう痩せた老いぼれ牛の強い肉まで食卓に並べられた。


#昔々のそのまた昔、大食王の第一皇子は不味い料理を淡淡と口に運びながら考えた。食事に時間を費やす等全く以て無駄である、我が帝国のの進歩発展の妨げでしかない。のちに卒中に仆れた大食王に代わって玉座に就いた第一皇子は直ぐ様勅令を発した。「一度の食事に掛ける調理時間は三分以内とすべし」


#昔々のそのまた昔、粗食王との陰口は王宮にまで聞こえた。更に人民の生産性は著しく低下していた。頭を抱える王を然る公爵が訪うた。マオン島伝統のソースをお試しあれ。不思議な事にそれを掛ければ何でもそれなりの味がする。天下の悪法たる粗食王の三分調理令は、こうして大英帝国の武器となった。


神「イギリスという国を創ろう。そこに住む人々は、世界で最初の市民革命と産業革命を起こして自由と豊かさを享受し、一時は世界の半分を支配するだろう」
天使「神様、それではイギリス人が恵まれすぎて不公平です」
神様「大丈夫だ。彼らにはイギリス料理を食べさせる」
#昔々のそのまた昔


5月31日「『むかしむかしのそのまたむかし』の続き」

日付が変わりました。本日のお題が変わります。最後のお題は「『むかしむかしのそのまたむかし』の続き」です。
皆様、最終日もゆるりゆるりとお楽しみ下さい。


昔話で、「むかしむかし」と「むかし」を二回重ねるのは、中国語では「むかし」を「昔昔」と書くことに由来している。(諸説あります)

#昔々のそのまた昔


子どものころ、自分が生まれる前の世界は、どうなっていたのだろうと考えた。宇宙の誕生までは行きついたが、その前は、どうなっていたのだろう。いくら考えてもわからない。幼稚園の先生も知らなかった。少し、気がおかしくなったことがある。あまり考えないようにした。 #昔々のそのまた昔


スフィンクスのもっとも古い層は、一万数千年前に作られたという説がある。今の、人間の文化や文明が生じる前の時代に、別なそれが地球に存在したという説が好きである。アトランティス、ムー、レムリア等々。トールキンのファンタジー世界の根底には、沈んだ大陸の伝説がある。

#昔々のそのまた昔


世に「淳久離婚」なる言葉が囁かれてもう久しい。おじいさんとおばあさんには「めでたしめでたし」で幕を引く充分な可能性がある。だが王子様とお姫様はどうだろう。リアリズムの弊害と云う人もいる。書架に並ぶ物語たちは皆真っ二つに裂かれている。-否、未来へと展かれている。

#昔々のそのまた昔


「鬼退治の逸話は各地に広がるが、そうして退治され反省した鬼達は一体どこへいったのか。そういえば、君──節分の掛け声で『鬼は外』を言わないところもあるのは知ってるかい? きっとそんなところで、それなりに幸せに暮らしました……そっちの方が良いと私は思うよ」 #昔々のそのまた昔


6月1日「昔々のそのまた昔-僕の考えた最●のフォークロア-」

日付が変わりました。企画「昔々のそのまた昔-僕の考えた最●のフォークロア-」は2018年5月31日を以つて終了しました。
お楽しみ戴けたなら嬉しいです。
メインである「フォークロアwebアンソロジー」は6月6日公開予定です。


….

Scroll to top