不思議ノ島根国と神々ノ御社

著:桐夜白 アナタに一つ 昔語りを聴かせましょう。 これは大地に眠りし昔話 我ら一族にしか語られぬ物語。 さあ コノ調べに手をとって。 さあ コノ調べに耳を傾けて──。 聴こえましょう コノ音楽の音が…。 聴こえましょう コノ音楽の音が…。 アナタを 神話の世界へと誘う旋律が──。 ──昔々 とある地に一人の女神が居ました。 女神は花と露の神 民に潤いをもたらします。 そして女...

...

旅人の語歌

著:桐夜白 風が舞う 遥かなる昔話を引き連れて。 旅人は歩む 遥かなる昔話を引き連れて。 都から都へと 幾多の語りを抱えて。 東は桜蘭宮都 西には洋明城都 北には冷舞州都 南には温海島都。 旅人は古今東西 歌を引き連れて 旅の共は昔語り。 楽器を持ちて 物語を歌う。 民は旅人を待ちわびる 此度はどのような昔語りを聴かせてくれるのか。 ソレは古今東西 旅人しか知らぬ 摩訶不思議な...

...

イエローピーポウ・ホワイトメディスン

著:キョーカ ねェねェ、あれれ あそこのおうち 黄色い車が来てるわよ 前時代の差別の象徴 時代遅れの Ra・Ri・ぱっぱ まだ生きてたのね亡霊は 美目麗しき現代人よ 無知盲目を笑い給え! ああ、それはともかく ドコの病院連れてくの? キのない返事に青褪めた顔 地図には載らない噂の場所へ 仲いいあの子が言ってたよ 処方薬はあまぁい炭酸 骨を溶かすこわぁいものだと 突っ込みの嵐が吹...

...

Nine Lives

著:キョーカ 今日も失敗、未遂に終わる 自分自身の殺害計画 通りかかった猫様の 魂はあと三つだそうだ 「お前がゆくのは たったひとつの人生だから」 猫様はそう僕へ語った 「大事大事な稀少な珠よ 明日とやらを吟味せよ こんな未来は厭だろう」 僕が毎回死に損なうのは 魂の残機が増えていくバグに やられて明日を繰り返すから 『断頭台ヲ回避セヨ』 伽藍堂の胸に死の文字はないと 最初から...

...

嘘八百万の紙

著:キョーカ なあ ちょっとばかし聞いておくれよ 今日、懐かしさが殺しに来たんだ 嘘八百の八百万の紙 それは旧き良き血脈が 糞の如くに産み落とした怪文書 何故か今頃受信したんだ 怪談よりもタチ悪くてさァ メルアド変えた側からこれだよ くっついて来た小さな画像は あんまりにも粗くてダサくてさ 残念ながらその文章力に 説得力は見当たらないない どうしてみんな信じちゃったの いや、送...

...

Scroll to top